自分にとっての幸せをどこに置くかってとても大切だよねという話

5

目次

「今幸せですか?」

いま幸せですか?最近読んだ小説で A が B にそう投げかけて問いかけられた方は返答に困ってる場面があった。

この幸せの定義をお金を沢山使うことで得られるものに置いてる人って大変そうだなぁという話です。理由としては仮に自分が稼げない身体になったりで、生活保護を貰うようになったとしたら、今まで得ていた幸せを得られなくなっちゃうし。本来ヒトって働けない=食い扶持が確保できなくなった時点で餓死確定なのにそれがないってだけでも神ゲーだと言うのに……。

そもそも金銭水準が幸福水準と直結した状態ってよっぽどお金ある人じゃないと維持できないじゃないですか。数年前だかにクスリで逮捕された野球選手が数億だか数十億を東京の街で使い切りましたよね。恐ろし。限りない欲望。お金って使おうと思ったら上限なく使えてしまうわけです。

そんな訳で個人的にはお金をそんなに使わなくても得られるものに幸せポイントを置くと良さそうだなぁと思っています。

例えば僕は月に 1000 円の Kindle Unlimited と月に 1000 円の Netflix を契約したり解約したり。どちらも契約してたとしても月額たった 2000 円で人生の時間全て使おうとも見切れないほどの映画やら本やらが一日中楽しめるわけです。また、2000 円で買った洋ゲーを 1 万時間近くプレイしたり、気分乗ったらプログラミングのコード書いたり。ゲームは 2000 円もしたものの 3 年前からやっているものなので月に均せば 100 円を切ってるのに未だ無限に楽しいし、コーディングは無料です。たまーにお笑い芸人とか昆虫観察の YouTube チャンネルも見ますし、オモコロっていう Web メディア見たりもします。こちらももちろん無料(ネット代はかかりますけど月 5000 円あれば快適に使えますよね)。

犬も飼っているのですが、今はとりあえず健康体でいてくれて、ランニングコストはせいぜい月 1 万円程度。帰宅すれば飛び跳ねて喜んでくれて、休みの日は寄り添ってくれて、可愛い顔を見せてくれる。散歩に行けば季節の移ろいも感じるし、普段外を出歩いても気づかないようなちょっとした街の景色に気づかせてくれます。「あれ、こんなところにこんなものがあったんだ」とか、「ここに咲いてる花は前はこんなんだったよなぁ」とかとか。自分の普段の視点と異なる視点で同じものを見るとなかなか面白いんですよね。

毎日の食事でも、この食材にはこの調味料を使うと美味しいなぁとか、これは使ったらダメだなぁとか実験できます。この惣菜の味付けには何が使われているんだろうとか。これの焼き加減はこの程度がいいなぁとか。このスーパーは安いけど、12 円多く払ってあっちのスーパーで買った方が味は美味いなとか。こっちのコンビニの方が職場に近いけどここで買うよりちょっと遠いあっちのコンビニで買った方が 8 円安いなぁとか。歳を重ねるにつれて人って興味の対象を少しずつ減らしていくと思うのですが、食に関しては飽きるとかはないと思うので、食にリソース割くのは良いことですよね。

また、仕事に関してもそうなのですが、スーパーに行く道中、警備員の人とか清掃の人とかを見ると、「僕には出来ない仕事だなぁ」なんて思います。無理をおせばもちろん出来ますけど、肉体労働とか単純作業がすごく苦手なので、できる限りやりたくはない。自分にできない仕事をしている人は素直に尊敬しますし、自分に向いてると思わない仕事をせずとも、毎日お菓子も買えるしお酒も買えるしタバコだって買える。そういう生活を送れている。

お金を使ってない分、僕の生活には刺激が少なそうに思えるかもしれませんが、Netflix でホラー映画でも見れば心拍数上がりますし、他にも最新の映像技術をふんだんに使った映像作品も楽しめます(昔のものと比較してみるのも乙ですね)。ちなみに僕のやってる洋ゲーもホラーゲーなのです。十分に刺激的です。

っていう風に、お金をそこまでかけなくても毎日色んな刺激や発見がありますし、その度にあぁ自分は恵まれているなぁと実感します。

まとめ

日本では意識しづらいですけど、僕らが当たり前のように行っているこういった趣味も、時間に余裕がなくちゃできないわけで。時間に余裕があるというのは、お金に余裕がある人なわけです。というのも、その日の食い扶持を探す人は趣味などしてる暇はないので。

じゃあなんで自分は時間に余裕があるかって、現代日本に生まれた時点で衣食住がほとんど保障されているからなんですよね。これを当然のものとして、その前提でみんなアレコレ考えていますけど、も少し当然じゃないものとして意識すれば幸福度、上がるんじゃないでしょうか。

夜道を歩いてても突然殺されたりなんかしないし、戦闘機で突っ込む仕事が来たりもしないし、米の奪い合いも起こならないし、病気になっても多くの場合治ったりでその後は苦しい思いもしない。理不尽なこともないし、仮にあったとしてもたいていの場合は知識次第でどうにかできるケースが多い。とにもかくにも、何の変哲もなく生きられることが保障されている。最高な時代だし恵まれた国としか言いようがないと思うんですけどねぇ。

  • SNSでシェアしよう
  • Twitterでシェア
  • FaceBookでシェア
  • Lineでシェア
  • 記事タイトルとURLをコピー
トップへ戻るボタン

\ HOME /

トップへ戻る